!important

バイアグラの1/5価格で買えるカベルタ

バイアグラジェネリック

バイアグラの1/5価格で買えるカベルタ

カベルタは、ED(勃起不全)治療薬で、世界的にも有名なバイアグラのジェネリック医薬品です。

服用し1時間ほどで効果がみられ、その効果も約5時間続きます。
効き目が鋭く、硬さのある陰茎へと勃起させ理想の性生活をもたらします。

この薬はインドの製薬会社ランバクシー社が開発、同じくインドのサン・ファーマ社が製造しました。
サン・ファーマ社はED治療薬以外にも多彩な分野のジェネリック医薬品を製造開発しています。


カベルタは通販で入手できる

カベルタは、医療機関での入手をおすすめします。
頭痛や紅潮などの副作用が生じたり、心血管系疾患のある人や高血圧症の人は服用にあたり医師の判断が必要になります。
薬局やドラッグストアでも購入は不可です。

一方でインターネット上での個人輸入代行サイトおいてほかのED治療薬を含めて購入することもできます。

受診する時間がない、医療機関が近くになく通えないという場合にはこの方法も良いでしょう。
しかも、インターネットでは、バイアグラやシアリス、レビトラや日本で認可されているジェネリック薬品だけでなく、国内未認可のステンドラやほかのジェネリック薬品の購入も可能です。
さらに、有効成分が多く含まれた薬もあります。

これまで病院に受診してED治療薬を処方してもらっていたが、手元になくなったので新たに購入したい方、診察・処方費用をなるべく抑えたいという方など、インターネットで個人輸入代行業者からED治療薬を購入する理由はさまざまです。
しかし、自身の現病歴や既往歴、内服中の薬などしっかりと情報を把握した上で、インターネットでED治療薬を購入する必要があります。

インターネット上では偽造品も多く出回っていることもあり、それらをきちんと理解した上で安全な方法で入手できれば、ED治療薬をより安価に手に入れることも可能といえます。

カベルタの飲み方

カベルタは、性行為の1時間位前を目安に200ml程度の水やぬるま湯で1日1回服用します。
次の服用まで24時間以上空けましょう。

このカベルタには腸から吸収される有効成分シルデナフィルが入っているため食後の服用は避けます。
空腹のときに服用することで腸からの成分吸収を速やかにし、体内の血液へ循環させ、速やかな効果発現を期待します。

食前に服用し成分を吸収できれば、そのあとに食事摂取しても構いません。
ただし、食事摂取後に服用するのであれば食後2時間は空けます。

食事内容に関しては油分の多いものはさけ、消化しやすい食べ物が良いでしょう。

カベルタ服用時の注意

1回の服用につき、有効成分シルデナフィルの推奨用量としては25mgです。
50mg、100mgの錠剤を購入した方はピルカッターで錠剤をカットし、適切な用量を服用して下さい。

ただし、初めて服用する人、副作用が不安な人、65歳以上の高齢者、肝障害や重度の腎障害のある人は、どのような場合であっても初回の開始用量を25mgとします。

どの薬も同様に、効能や効果の感じ方は身体状態に応じて変化します。
もしカベルタ25mgを服用しても希望する効果を感じられない場合は、用量を調整しますが、強い効果を期待して、過剰に服用してもその効果に変わりはありません。
あくまでも用量や用法を守ることが大切です。

カベルタの内服時に、アルコールとの併用は避けましょう。
過度にアルコールを摂取すると脳機能や神経伝達を鈍化させ、勃起機能にも影響があります。
またカベルタに含まれるシルデナフィルは血管を広げる作用があり、アルコールの併用でより酔いが全身に回りやすくなり危険です。

カベルタの副作用

なかには副作用として、めまいや視覚障害が生じることもあります。
これらに関しても服用を中止することで収まりますが、重大な事故を起こさないよう機械の操作や車の運転はしないで下さい。
ただしカベルタ服用後に急に視力が低下したり、最悪の場合視力喪失が見られたときは、速やかに服用を止め、眼科医の診察を受けましょう。

さらに稀な副作用として、ED治療薬服用後、4時間以上勃起が続く場合は持続性勃起症(プレアピズム)があります。
その場合は早急にかかりつけ医、内科、泌尿器科、専門外来を受診してください。
持続性勃起症の発症6時間後には、組織壊死となり、永久に勃起できない状態になる危険性があります。

カベルタ25mgを服用しても効能や逆に副作用が強く生じた場合には、ピルカッターにて錠剤を1/2、1/4と調整します。

カベルタの併用注意と併用禁忌

事前に医師への相談が必要になります。

  • 陰茎の屈曲や繊維化、ペイロニー病などの陰茎構造に欠陥がみられる
  • 鎌状赤血球性貧血や多発性骨髄腫、白血病などの血液疾患がある
  • ほかのED治療薬やPDE5阻害薬を服用している
  • 出血性の疾患や消化性潰瘍がある
  • 年齢が65歳以上
  • 重度の障害が腎臓にある
  • 肝臓に障害がある
  • α遮断剤を服用している
  • 多系統萎縮症に罹患している

併用注意

  • ジュースを含むグレープフルーツとの併用
    血中の薬成分の濃度が高まり、強すぎる効能や副作用が出ることがあります。
  • 過度な脂質の摂取 カベルタ服用は脂質と相性が悪く、効能が感じにくい場合があります。
  • アルコールの過剰摂取
    シルデナフィルには血管を広げる作用があり、カベルタ服用で全身に酔いが回りやすくなります。適量の飲酒は可能です。
  • カフェイン飲料を用いての服用
    消化吸収する際に、胃腸に負担となり胃痛が生じることもあります。
  • アレルギー症状を呈したことがある
    これまで医薬品を使用して何らかのアレルギー症状があった場合、事前に医師に相談が必要です。

カベルタを服用できない人

  • カベルタに含まれる成分を過去に服用しアレルギー反応があった人
  • 硝酸剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)の薬を服用している
  • 心臓障害があり、性行為自体が適さないと考えられる人
  • 重い障害が腎臓に見られる人
  • 血圧が低いか、または未治療の高血圧の人
  • 最近6ヵ月以内の脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往がある人
  • 網膜色素変性症に罹患している人
  • 経口剤のアミオダロン塩酸塩を服用している人
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を使用している人

併用禁忌薬

以下の薬はカベルタとは絶対に一緒に飲んではいけません。
以下の禁忌薬だけでなく、現在服用中の薬がある場合や新たに服用する予定があるときは医師や薬剤師に必ず相談しましょう。

  • ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどの硝酸剤およびNO供与剤
  • アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)
  • sGC刺激剤リオシグアト(アデムパス)