!important

ED治療薬に効果のある症状

ED治療薬全般

ED治療薬に効果のある症状

ほぼ全てのED患者に対し、ED治療薬は効果を発揮します。

この薬は「性欲が湧くのに勃起できない」「勃起状態を保てない」「硬さが不充分で挿入中に抜け落ちる」などの症状を抱える人に処方する事ができます。
しかし持病のために飲んでいる薬のせいでED治療薬が禁忌薬扱いとなる場合もあるため、気を付けるべきでしょう。

良好な勃起力を獲得するための条件として大切なのが、陰茎海綿体の血管が広がり、陰茎へ流れる血液の量が平常時より多くなる事です。
ED治療薬がこの血流が増える仕組みを生み出すので、ED患者のほぼ全てに効果的な作用をもたらします。

あくまで性行為に必要な勃起を導く効果

この薬が作用するのは脳が性的刺激を感知した時だけなので、勃起状態が長時間維持される事はありません。

ED治療を受けた249名の男性に対しアンケート調査を実施した所、8割以上の患者が「治療をして良かった」と答えたといいます。
男性としての自信を取り戻せた、待望の子どもができた、パートナーとより良い関係になれた、といった声の他、仕事が上手くいくようになったという声まであります。

以上多数の調査結果から、夜の性生活が充実している男性は普段の生活にも活力が湧いてくる事が判明しました。

EDのせいで性行為をするのに充分な勃起力を保てない人は、例えば週1日、または土日に限りED治療薬を使い、自信を回復する事も可能です。
勃起に必須なのは、性的な刺激を受け陰茎海綿体の血管が広がり、陰茎の血行がスムーズになった状態です。

従ってED治療薬は陰茎に血液を集中させる事が可能であり、EDの症状のほぼ全てに対し効果的に働きます。
「案ずるより産むが易し」という言葉通り、心配しすぎて受診を見送るよりは思い切って受診し、薬を服用してみれば容易に問題が解決する可能性もあるでしょう。

同じアンケートでは治療を実際に受けた男性の中には、EDで悩んでいる友人がもしいれば治療を勧めたいと考えている、という人が7割以上でした。
性欲が湧くのに勃起できないと悩んでいる人は、ED治療薬の治療対象です。

ED治療薬は単に勃起状態の保持を物理的に補助するのが目的であり、性的興奮を引き起こす媚薬成分が入っているわけではありません。

「自身のEDは何が原因で現れたと考えますか?」という調査では、大体の人の答えが「ストレス」でした。
他にも食生活や自慰行為などの答えがありましたが、タバコやお酒の過剰摂取もEDを招きやすくする要因とされます。
さらに、栄養が足りずミネラルが減少すると、その影響がホルモンの生成にまで及びます。

性欲があっても勃起できない人のためにもある

「興奮できない」「疲労のせいで気分が乗らない」という人に向いているのは滋養強壮・媚薬成分が含まれる製品でしょう。

反対に「性欲があし興奮もしているのに勃起できない、充足感のあるセックスができない」「多大なストレスのせいでその気になれない」という人にとって、最も簡単で確かな手段が、勃起を物理的に補助するED治療薬です。
自慰行為でないと射精が不可能という人は、自慰行為による物理的な刺激を少しずつ減らしながらED治療薬を飲めば、女性と充足感のあるセックスを行えるようになります。

EDは患者の年齢を問わず、適切な治療を行えば改善できる症状です。
投げやりにならず、治療を始めてみてください。

勃起はするけど硬さが足りないと感じる場合

ED治療薬は、勃起はするものの硬度が不足している、と感じている人にも有効となります。

硬度に関する悩みがあるのは多くが50代以上の男性だそうです。
その理由は、加齢に伴い血の巡りが悪くなったり、EDの引き金となる糖尿病や高血圧といった生活習慣病にかかりやすくなったりする事です。

また、社会的な責任が年齢に比例して大きくなる分、仕事や家庭でのストレスも増大します。
その上、パートナーと良好な性生活を送れていない場合、ストレスが負の連鎖を招きEDを発生させ、EDの症状によって家庭内に不和が起こる事もありえなくはないのです。
よく聞くのが、生活習慣病改善薬や睡眠薬などの服用を始めたら硬度を保てなくなった、という声です。

通常、男性が充分だと感じる硬度はリンゴを基準にして表します。
反対に、不充分に感じる硬度はこんにゃく程度とされます。
自分の症状の度合いを認識した上で治療に相対する事が、EDを治すために重要となります。

ED治療薬の作用は、血の巡りをほぼ強制的に改善し、陰茎に血液を集中させ、力強い勃起を補助するというものです。
硬度に自信を持てない人にふさわしい薬だと思います。
とりわけ高い効果を誇るとして有名な勃起薬が、バイアグラです。

併用禁忌薬がなければお勧めできます。

今では多種多様なED治療薬が存在しているため、自身の肉体年齢との上手な付き合いさえできれば、ずっと昼夜現役でいる事も可能でしょう。
男性が勃起状態を保てず、自身もイライラしたりふさぎ込んだりしていると、パートナーである女性も不安になります。

中には、自分のせいかもしれないと考え落ち込んでしまう人もいるかもしれません。
パートナーの助けがあってなお勃起状態の維持が困難となると、それで互いの関係にヒビが入る事も珍しくありません。

勃起を持続させることができない

PDE5(ホスホジエステラーゼ5)と呼ばれる酵素の作用が優位になりすぎる事が、勃起状態を保てないそもそもの原因です。
性的興奮が沈静化するとPDE5が作用します。

しかし、なんらかの事象によって分泌のタイミングが早まったり分泌量が多くなりすぎたりすると、陰茎の勃起が抑制されてしまうのです。
そのため、PDE5の働きを妨げる薬を飲めば、鋭い勃起力を保つ事が可能となります。

以上の事からED治療薬は、勃起状態を保てないという悩みを抱えた男性にはうってつけの療法と言えるのです。
バイアグラを始め、PDE5阻害薬の種類は多岐に渡り、高い即効性を持つものや空腹時以外にも飲めるものなどが売られています。
病院で受診し助言をもらい、自身に適合する薬が分かれば、EDの迅速な治癒も可能です。

その他、副作用があまりなく良好な即効性と勃起力を持つステンドラもあります。

これらを目的別に使い分けると良いでしょう。
また、普段の生活の中にも、スポーツ型の自転車に乗ったり肥満を注意されていたりと、陰茎の血行を物理的に悪化させる要因を持っている人は、最大限それを消す取り組みをしましょう。

そうすれば、EDと共に生活習慣病も治していけます。
男性の尊厳を回復するためのスタートを切る事は、パートナーのためにもなります。

ED治療薬は中折れにも効果が高い

中折れはEDの一種で、勃起と挿入は可能でも性行為中徐々に陰茎が硬さを失うという症状です。

関東に住む545人の40代男性を対象にしたアンケートの結果では、中折れが心配と答えた割合は、40代では多めと言える14.9%でした。
その14.9%の内、「いつも中折れしてしまう人」と「半々の確率で中折れしてしまう人」が各2割、合計で4割を占めます。

つまりほぼ半分の人に同様の症状が現れている事が判明したのです。
この症状が現れている男性には共通点が存在します。
病院で診療を受ける時、「私はEDというわけではありませんが、近頃よく中折れするんです」といった物言いをする人が多いのです。

現在の自分の状況を正しく認識する事が、解決の糸口です。
男性機能に関する問題はとても微妙ですので目をそらしたくなるでしょうが、一度治療を開始さえすれば、不安は消え自信が回復してきます。
ED治療薬を飲み、陰茎に流れる血の量を多くすれば中折れは防げるのです。

「病院で助言をもらうのは気恥ずかしい」「女性スタッフがいる病院で受診したくない」といった理由から二の足を踏んでいる人には、スタッフが男性のみの病院や夜間診療を行っている病院をお勧めします。

自分に適した病院を探して相談してみましょう。
充足感のあるセックスに必須の勃起力を促進するのが、ED治療薬の役目です。

用法を守る限りにおいては、効果が高くて安全な薬です。
受診に踏み切れず自身の症状を正しく認識していない状態で、サプリメントや海外製のいかがわしい精力剤などをネット通販で買って試したら全く効果がなく、単にお金を浪費しただけに終わった、というケースも多数あります。

勃起力に自信を持てない、若い頃と同等の硬度が欲しい、即効性が欲しい、長い持続時間が欲しい、といった悩みはED治療薬を飲めば解決できます。
男性だけでなく女性もパートナーのEDを心配し、「自分の魅力のなさが原因ではないか」と落ち込む事もありえるでしょう。

悩みを1人で抱えたままにせず、病院で早期にアドバイスを受け、パートナーとの性生活を良いものにしていってください。