ファイザーの開発したバイアグラ

バイアグラ

ファイザーの開発したバイアグラ

バイアグラは、もともと狭心症という「虚血性心疾患」の治療薬として、ファイザー製薬によって開発されました。
また、主成分のシルデナフィルは、肺動脈性高血圧症の治療薬として、使用されている非常に強い薬です。

バイアグラは、EDを改善するための薬であって、性行為のための薬剤ではありません。
服用の方法を間違えると重篤な副作用が起こる可能性がありますので、使用の際は、しっかりとした理解を深めておくことが大切です。

バイアグラの形状

バイアグラの形状は、菱形で青色の錠剤です。
そのため、アメリカでは「ブルーダイヤモンド」と呼ばれています。
ダイヤモンドと名が付くぐらいですので、これはアメリカ人にとっていかに貴重で価値の高い薬であるかを物語っています。

日本では、シルデナフィルの含有量が25 mgと50 mgの2種類が承認されています。
さらに2016年にファイザー社からバイアグラODフィルムが販売され、水無しでも服用できる薬があります。

さらにファイザーの特許が切れたことで、2014年に最初のジェネリック医薬品が登場した後、2014年末には合計10社の製薬企業がバイアグラジェネリックを販売しています。
つまり怪しい粗悪品を購入するよりも、安価なジェネリック医薬品を入手した方がより安全といえるでしょう。

バイアグラの薬効と勃起のメカニズム

バイアグラの効果を説明する前に、まず勃起がどうやって起こるのかについて解説します。

成人男性は視覚や聴覚、嗅覚、感覚など、さまざまな性的興奮を受けると、まずそれらの刺激を脳に伝達します。
脳では性的な刺激を電気信号に変えて、脊髄を通ってペニスにある平滑筋の筋肉を動かして「勃起」の命令を出します。

ペニスの平滑筋は一酸化窒素の量を増やし、陰茎動脈が拡張して大量の血液を集めます。
性的興奮が持続している間は、陰茎動脈から静脈へ行く血路が閉じられます。
血液がペニス内のスポンジ状の構造をもつ海綿体細胞にたくさん取り込まれ、パンパンはれ上がることで勃起状態になります。

一方で射精や性的な興奮がおさまると、脳ではペニス内にPDE5を放出するように指令を出します。
このPDE5は、陰茎静脈へ血液を流すことを促進させます。
脳内では、PDE5への指令と共に鎮静物質が分泌され、性的な興奮が収まります。

バイアグラの効果・作用とは、このPDE5の働きを阻害することです。

性的な興奮によって脳内からの刺激でペニス内に血液が集まると、同時に陰茎静脈が閉められます。
ペニスの海綿体細胞が、増える血液を留めることで勃起します。
射精が終了するとPDE5の働きによってペニス内の血流が、陰茎静脈から全身へ移ります。

EDを発症している人は、このPDE5が常に働いているために、血液をペニス内に止めておくことができなくなります。
バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、このPDE5の働きを阻害します。
ちょうど性行為の1~2時間前に服用することで、ペニス内のPDE5の働きを抑制して血流をペニスに留めることができるようになるため、勃起が持続します。

バイアグラの正しい使い方

どんな薬にもその効果を高めるため、正しい用法と用量があります。
用法とは薬の服用方法であり、間違った方法で服用すると効果が得られないだけでなく、重篤な副作用が起こることがあります。

まず、性行為の1~2時間前の空腹時に服用します。
水が無い時にはお茶やコーヒー、あるいはアルコールで飲んでも問題ありません。
ただし、牛乳などの脂肪分が多く含まれる飲料では薬の吸収率が低下するため、本来の効果が減少する可能性があります。
噛み砕いて飲んでも効き目には影響しませんが、非常に苦い薬ですので水やお茶なので服用するのが良いでしょう。

またアルコールで服用する場合は、日本酒なら1合、ワインなら200 ml程度が適量でそれ以上では飲まないようにしてください。
これは飲み過ぎによって脳への性的刺激が減少することや、アルコールによって過度に血流が増加することで、ほてりなどの副作用が起こることがあるためです。

効き目が持続するのは2~4時間で、服用後は2時間程度で最もよく効果が現れます。
服用は1日1回として、次の服用まで24時間以上あけてください。
また毎日服用する必要はありませんので、性行為に合わせて服用するように心がけてください。

バイアグラに性的興奮を高める効果はありませんが、病は気からという言葉もあるように、バイアグラを服用することで精神的なストレスが緩和し良い方向へ進むことがあります。

正規品バイアグラを購入する方法

バイアグラやジェネリック医薬品(バイアグラと同じ成分を含む後発医薬品で、効果は同じ)は、厚生労働省に承認されていますので、医師の処方箋によって調剤薬局や院内薬局で購入することができます。

病院へ行くのが恥ずかしい、EDでは無いが性行為のために服用したいなど理由から、病院へ行かず個人輸入代行を利用する人もいると思いますが、通販購入する場合は業者の信頼性に十分注意してください。

人気があるバイアグラは、粗悪な偽造品も多く出回っています。
基本的に医師の処方による購入は安全性が高いですが、以前あるクリニックで偽造品バイアグラが処方されていたことが判明し問題となりました。
そのため、正規品か偽物かを判別するための知識は身につけておいて損はありません。

なお、性行為グッズ販売店などで取り扱っている粗悪品は安全性が確保されておらず健康被害が起こる可能性があるため、むやみに手を出さないようにしましょう。
乱用や誤用による死亡例も報告されていますので、必要な場合は信頼のある医療機関から入手してください。