世界No.1の知名度を誇るバイアグラ

バイアグラ

EDとは、英語でErectile Dysfunctionから取られた名で、日本語では、「勃起障害 (又は勃起不全)」といいます。
以前はインポテンツと混同されていましたが、勃起障害は、より広域な意味を持ちます。

EDは、男性の性行為において、十分な勃起が得られず、維持できないため、射精が不十分で満足な性行為が出来ない状態と定義されています。

さらに、性行為時に勃起しない(インポテンツ)、半勃起のまま硬くならない、すぐに萎えてしまう、挿入中に萎える、特定の人とうまくできない、自慰行為(オナニー)は大丈夫だけど性行為ができない、強い刺激を与え続けないと勃起できないなど、さまざまな症状があります。

言われてみれば、このような状態を経験された人も多いのではないでしょうか。

実は、このEDに悩む人は多く成人男性の4人に1人は苦しんでおり、実際にED治療薬を試した経験がある成人男性は30%に上ると言われています。
恥ずかしくて病院へ行けず相談できない人などを合わせると、もっと多くの人が苦しんでいます。

ED治療薬バイアグラの歴史

ED治療薬として、日本人にも広く知られているのが「バイアグラ」です。
バイアグラは、1998年にアメリカFDA (薬の認可をする機関)で承認され、ファイザー社から販売された世界で最初のED治療薬です。

日本では翌年の1999年、アメリカでの承認からわずか半年後のスピード承認で販売開始されました。通常、厚生労働省では、アメリカやEU(ヨーロッパ連合)で承認された薬を、国内で認可する場合、少なくとも3〜5年程度の時間を要します。

アメリカで夢の薬「ブルーダイヤモンド(薬が青いため)」として注目を集めえたバイアグラですが、その反響は大きく、日本でも個人輸入業者を介して入手する人がたくさんいました。
そのため用法や用量を守らない人も多く、併用禁忌薬(重篤な副作用があるため、一緒に飲んではいけない薬)である硝酸剤と一緒に飲んだことで、心肺停止の事例も報告されました。

そのような背景やアメリカの臨床データにおいて、効果や安全性が確保されていたため厚生労働省は認可を早めました。

世界初のED治療薬が生まれた経緯

もともとバイアグラの主成分は「シルデナフィル」であり、「狭心症」の治療薬として開発されました。
その開発の過程で、臨床試験に参加した多くの男性被験者から性行為時に勃起の改善が起こったことが相次いで報告されました。そこでED治療薬としても臨床試験が計画され、治験データの成績からアメリカで承認されるに至りました。

一方、狭心症への治療薬としてはその有効性が評価されましたが、いい成績が得られないという結果に終わっています。

世界で最初のED治療薬であるバイアグラを販売したのは、アメリカのファイザー社ですが、研究がスタートしたのは、イギリスの「ファイザー・サンドウィッチ研究開発」です。

バイアグラの名前の由来には諸説ありますが、医療用語のVital (活力に満ちた、活気のある)と、「ナイアガラの滝」のように精子が活き良いよく出るイメージの造語だという説があります。
その他にも、世界遺産として有名なインド、タージマハルの王が絶倫で、その地名である「アグラ」から造られたという説もあります。

いずれにせよ、バイアグラという名前には、ED患者を救いたいという思いが込められているのかも知れません。

ED改善効果が高いバイアグラ

そもそも狭心症の治療薬として開発されたバイアグラですが、その作用機序(どんな作用で薬が効くか)は、血液の悪い流れを良くする血流障害の改善です。

この血流障害はEDが起こる大きな原因であり、バイアグラによって改善が期待できます。

ED治療薬はその後も新薬が開発されていますが、バイアグラはED治療薬の約50%を占めると言われ、大変な人気と実力のある薬です。

EDには、大きく3つの原因があります。
精神的ストレスによる心因性ED、糖尿病などの病気による器質性ED、特定の薬を飲み続けることで起こる薬剤性EDが知られています。

バイアグラは、これらすべてのEDに効果があることが認められています。

バイアグラの効果を十分に出すためには、その用法と容量を正しく理解して服用することが大切です。
間違った使い方をしたら、性行為時に効果が現れないこともありますので注意してください。

バイアグラの主成分は脂溶性であるため、食後すぐに服用すると食べ物の油分と結合して体に吸収される前に排出されてしまいます。
そのため中華料理、フランス料理、天ぷらなど脂質の多い食事には気をつけましょう。

服用から45分以上から効果が期待でき、2~4時間程度、持続します。
つまりバイアグラを飲むタイミングは、性行為の1時間程前に空腹時の時に飲むのが理想的です。

一般的には食後2時間程度で胃の中が空っぽになると言われていますので、あまり脂っこい食事はせず軽めの食事をすることで、薬の吸収が期待できます。
飲むタイミングと方法を間違わなければ、80%近くは勃起の改善が期待できるようです。

バイアグラは、EDで悩んでいる人や苦しんでいる人の「夢の薬」として世界中で使われています。
しっかりとした知識を持って服用することで、活気に満ち溢れた楽しい時間を過ごすことができるでしょう。